ハリーポッターシリーズ、ファンタスティックビーストシリーズにハマっている。

こんにちはマビーです。

最近ハリーポッターシリーズファンタスティックビーストシリーズにハマっているんですが、小さい頃から好きだったのを覚えています。

ですからハリーポッターシリーズことについて懐かしみながら徒然に書いてみたいと思います。

ハリーポッターシリーズは自分が子供の頃に映画シリーズが一通り公開されていたので元々観た事がありました。
小説の方も自宅に昔からありましたが、周知の通りかなり分厚い本だったので子供の自分は長い間敬遠していたのを覚えています。

少し経って、学校からの習慣づけで小説を読むようになった頃に、家に読む本が無くなってきてしまったので、とうとうあの分厚い「ハリーポッター」に手を出してみたのです。

すると人気なだけはあり、こちらの想像力を煽るような素敵な内容、構成であっという間に惹き込まれていきました。
気づけば半分、残り4分の1、残り数ページとみるみる読み進めていき、1日に二冊読んでしまうこともありました。

家には3作目までしかなく、続きが気になって仕方なかった私は当時の少ない小遣いで続きを買い漁り、最終的に全巻揃えてしまいました。

mahoutsukai_man.png

小さい頃、毎年のようにハリーポッターシリーズの映画は公開されており、当時の私も毎回しっかり観ていました。
ですので人並みには勿論存在を知っていました。

ハリーポッターシリーズは映像表現に定評があり、奥深く練られた闇のあるストーリーに反して大衆の幅広い年齢層に受け入られる作品になっています。

シリーズを知らなくても、その世界観とグラフィックには誰もが圧倒されてしまいます。
私も例外ではありませんでしたが、そのストーリーの完成度に惹き込まれるのは少し大きくなってからの事でした。

映画で語られている事以上にハリーポッターシリーズの背景や歴史は練り上げられており、小説を読む事でより一層理解が深まることは明白です。
本来小説であるという事は、情景に関してある程度は読み手の想像に任されているという事です。

このシリーズに関してはそこが一番魅力的で、誰もが一度は想像するであろう魔法とそれが存在する物語というファンタジックな世界観を文章で描く事により、私たちが頭の中に自分自身の理想とする世界を投影してしまうのです。

私に至っては、更にその世界に自分を住まわせてしまう「妄想」の域に達してしまうのもしばしばです。

近年、映画「ファンタスティック・ビースト」シリーズが始動し、現在2作目まで公開されています。

映画ハリーポッターシリーズでは魔法動物の出番が少なく、小説での描写が殆どでしたので特にこちらの想像で補われることの多かったジャンルでした。

映画化された事で小説のイメージと、実際の映像での表現との乖離を楽しんだ私のようなファンは多かったのではないでしょうか。

やはり、魔法界に自分を住まわせてしまうような妄想が激しくなりました。しかし良い方面で言えば、自分を知るチャンスにも繋がりました。

と言うのも、この手のものではよくあるのかも知れませんが、同シリーズで性格診断ができるというものがネット上に存在したのです。

これも周知のこととは思いますが、ハリーポッターシリーズに登場するホグワーツという魔法学校では、生徒それぞれの人間性や特徴を加味して分けられる四つの寮が存在します。

「自分ならどの寮か」想像した方は沢山いらっしゃると思います。

どの寮に組み分けされるかを楽しみつつ、性格診断ができるのです。

これによって、一般的な性格診断よりも「自分はこういった特徴、性格だからこの寮なのか」と、組み分けされた事による満足感で、自分の特性にも自信が持てるようになりました。

ファンタスティック・ビーストという新たなシリーズも始まった事で、今まで馴染みが無かった方も入り込み易いと思います。

是非色んな方にこの世界を体感して頂きたいです。


この記事へのコメント