いきなりステーキが気になる

こんにちはマビーです。

2月に入ってメッキリ寒い日が続きますね。
寒いのが苦手な自分としては、外出したくない病にかかっています。
皆様も体調を崩さないようご留意ください。

さて、今回はいきなりステーキについて書いていきたいと思います。

ちょっと前に、テレビ番組でいきなりステーキというお店について、さまざまな番組で取り上げられていました。
ほんのここ数年です。

ステーキ=高級な食べ物という感じがあったので、なんとなく面白半分で見ていました。

テレビで見た時の感想は、「立ち食いのステーキ屋さん」「珍しい」くらいのものでした。

特に女性があの大きなステーキを、一週間に何回も食べるなんてことは無いのではないかと考えてもいました。

しかし、さまざまなテレビ番組でのインタビューを聞いているとそうでは無さそうな感じがしてきました。

数百グラムの大きなお肉の塊を、そんなに太っていない女性が食べてしまう。ひどい人においてはポイントが欲しい為と言っていましたが、一日に数枚のステーキを食べるという光景を見ると目を疑いたくなりました。

飽きないものかという疑問もありました。

syokuji_steak_man.png


最近、いつも通る道すがら車で走っていたら、見たことの無いお店が作られ始めて興味がありました。

次第に出来上がってきて、いきなりステーキの旗と玄関近くにコックさんの恰好をしたいきなりステーキの関係者の看板が出来上がりました。

今まで通っていた道でしたが、営業を開始されると、お店の近くを車の窓を開けて通ると、おいしいお肉を焼く匂いが立ち込めてきました。

当初、ステーキという事で高価だとおもっていましたが、看板が大きく目に入った値段はランチが手ごろだったので食べてみたいと思いました。


昨今、いきなりステーキ開店の話があちこちで聞かれ始め、お客様との話の中でも話題に上がり始めました。

あまりに尋ねられるので、時間を見つけて立ち寄ってみなければと思っていた矢先、ちょうどお昼手前で仕事が切り上げられる機会があり、この時もいきなりステーキのお店の近くを車で通る予定だったので、ランチを奮発してステーキを食べに行こうと決めました。

駐車場は満タンでしたが、近くに大きな無料駐車場があったのでそこに車を停めて食べに行きました。

11時半すぎでしたが、次々にお客様がお店に入っていく姿が見えて、私も急ぎました。

ステーキは若い人や太った人の食べ物という考えは今では全然異なり、いろんなお客様がいらっしゃいました。

私は1人で行きましたが、ひとりで行っても恥ずかしくないような作りになっていて、おひとり様でも全然大丈夫でした。

驚いたことはお年寄りが多い事。

数人の団体でお肉食べに来ている方々がたくさんいらっしゃいました。

ランチだったので、ご飯スープサラダも付いていて千円ちょっと。

フォークとナイフの苦手な人でもお箸が準備してあるので、何の心配もいりませんでした。

food_stake.png


一回で良いかと当初考えていましたが、千円ちょっとでステーキが食べられるのなら、元気が無い時やスタミナをつけたい時などはいきなりステーキへ行けばどうかと最近考えています。

お肉についても固すぎず柔らかすぎず、1人で入っても大丈夫となれば安心です。

ハンバーグなどもあるみたいでしたし、お肉の量もお金は高くなってしまいますが、ガッツリ食べたい時はたくさん頼めば良いし、少なくてもお肉を食べたい時には少し頼めば良いので便利なシステムだと思いました。

一ヶ月に一回程度で、自分へのご褒美的な感じなら良いのではと思っています。

おいしいステーキを手ごろな価格で食べられる。

ということで最近は、いきなりステーキに夢中になり始めています。

この記事へのコメント