ラブライブにハマったときの話

こんにちはマビーです。

ラブライブについて少し聞いたことがある程度だったんですが、興味を持ったことはありませんでした。
でも少し前にラブライブにハマってしまった時の話について書いていきたいと思います。

以前、youtubeで「ラブライブ」とキーワードを検索した際ヒットしたアニメーションPV(楽曲名:スノーハレーション)に衝撃を受け、何度も繰り返し観るようになりました。

さらに、その「スノーハレーション」というキーワードで検索をかけると、アニメではなく実際に存在する人間が同じ振り付けで同じ歌を歌っている動画を発見しました。

そこで調べて見ると、なんとアニメ声優さんがアニメキャラクターの声だけでなくダンスまで再現しているという事を知りさらに衝撃を受けました。

その当時私はテレビをほとんど観ていない生活を送っていましたので、昔アニメに詳しかった友人に問い合わせてみたところ「とにかくアニメ本編を見てください」と言われ、今は亡きアニチューブ(アニメに特化した無料動画配信サイト)で三日間かけてラブライブを一気に全話観てハマってしまいました。

idol_woman.png


会社の同僚が阪神タイガースのファンで、日曜日の試合の後はよく打ち上げがあったそうなのですが、日曜日の夜に限ってその飲み会を断る男性の話をされました。

その断る理由が「ラブライブの再放送があるから帰らなくちゃいけないんですよ」という事で、、、

その同僚が私に向かって「○○さん『ラブライブ』って知ってますか?」と質問してきたのが、自分がそのラブライブというキーワードを知った切っ掛けです。

事ここに至って自分自身が日曜日の夜に誘いを受けると

ラブライブの再放送があるから」と断るようになったので、その人の気持ちが良く分かるようになりました。


一見すると萌系アニメに見えますし、自分もそうだったんですが、キャラクターデザインも最初は受け入れにくいかと思いますが、、、

じつは、話の内容はスポ根ものの熱いストーリーになっています。

初見の人が一番惹きつけられるのはハイクオリティーなアニメーションPVで、世間一般に認知度が急速に拡がったのはTVアニメ化が最大の要因と言われています。

ただ、アニメ自体は奇をてらうことのない王道の脚本で、どこに人を惹きつける要素があるのか最初は分からない方もいるかもしれませんが、このラブライブというコンテンツの最大の強みは、それに関わっている人々(声優スタッフファン)が同じ熱量で、やさしい愛情を持って支えているという点です。

そうでなければ、ここまで本気で作り込まれコンテンツに成長することは有り得なかったでしょう。

そして、今現在も成長し続けていこうとする意識を保ちつつ前向きに進んで行こうとする声優さん、その気持ちに応え一切妥協することなく作品作りに邁進する制作スタッフさん、その姿に胸を打たれ本気で(人生を賭けて)応援しようとするファンの方達。

アニメ化に至るまで3年間の不遇の期間もずっと、ラブライブのコンセプトであった『みんなで叶える物語』はまさに今現実のものとなっているんです。

job_seiyuu.png


自分はこのラブライブというコンテンツに出会う前、会社と副業に1日の大半をつぎ込むような超仕事人間でした。

「人生、仕事・勉強してひたすら自分を高めること以外に何をやることがあるんだ」と本気で思っていました。

ですがこのラブライブに出逢い、それがとても寒い思い込みだということに気づかされました。

自分は2年前に10年以上勤めていた会社が倒産し、その後再就職した会社が超がつくブラック企業で鬱病寸前まで追い込まれましたが、その時救ってくれたのがラブライブでした。

もしもその時自分が仕事人間のままだったとしたら、もしかしたらこの世にいなかったかもしれません。
冗談でも誇張でもなく本当の事です。

ラブライブに携わる声優さんやスタッフさんの前向きな姿勢に勇気づけられたからこそ、ギリギリの所で何とか耐える事が出来たのだと思います。

結局はその超ブラック企業は5ヶ月で辞めて、今は新しい会社に入ったのですが、仕事は楽になった分収入は減ったので、以前やっていた副業を再開することにしました。

ですが、以前のように『仕事と勉強が全て』ではなく『自分が心の底から好きでいられるモノに囲まれる事が最大の喜び』と思えるようになりました。


人生を変えてくれるような、そして出会えて心から幸せだと思えるコンテンツは中々出会うことは出来ないと想います。

ですから、自分自身がラブライブを知る切っ掛けを作ってくれた人に感謝しています。

これを読んで、もし少しでもラブライブというものに興味が湧いたら、ぜひ一度チェックしてもらえると嬉しいです。

個人的には、初代ラブライブ1期の1話~3話、もしくはスノーハレーションのPV

この2点を観を観れば、真性のラブライブファンになれるかどうか判断できると思います。

時間にして合計で2時間かかりませんのでw



この記事へのコメント