ロボカーポリーが気になる

こんにちはマビーです。

ロボカーポリーって知ってます?

お子様が小さい方ならご存知の方も多いのではないでしょうか?

子供がまだ小さいとき、レンタルDVDを借りに行くことが増えました。

はじめの頃は、自分でもよく知っているディズニー教育テレビ関係ののDVDを借りていたのですが、ある日子供が「これがいい!」と借りたのがロボカーポリーでした。

DVDのケースには、パトカー消防車などの緊急車両に顔と手足のついたロボット

全然聞いたこともなく、自分は正直「う~ん、面白いのかなぁ」という気持ちでしたが、子供がどうしてもと言うので借りてみました。

帰って早速見てみたところ、子供だけでなく自分の私も釘付けに。

1話完結でDVDには1巻に4話ほど収録されており、シーズン1、2とありますが、どんどん借りてほぼ全部見てしまいました。

shizensaigai_rescue_robot.png


ロボカーポリーはDVDレンタルショップの子供向けコーナーにありました。

シリーズ物でシリーズ1、2ともに10巻以上あるので、棚でも結構目立っていました。

大の車好き(特に緊急車両や工事現場の働く車が好き)の息子が、ケースの表紙を見て一瞬で気に入ったようです。

元々は韓国のアニメ会社が制作したもので、その後世界中でアニメ展開したそうです。


主役は、ある町の安全を守る、パトカー消防車救急車ヘリコプターなどの緊急車両たち。

その町ではいろんな車たちが日々の仕事を頑張っていて、その日常の中で起こる様々な事件をレスキューチームが解決していくという物語です。

登場人物はかなりたくさんいるのですが、それぞれに個性があって、どんどん覚えてしまうし、みんなとても可愛くて魅力的。

みんないろんな失敗をしたりして、小さな事件から危険な大事故までいろいろな出来事がありますが、すぐにレスキューチームがやってきてスパッと解決。気持ちいいです。

レスキューチームのメンバーはみんな強く優しく、町のみんなに、どうして事故が起こったのか、これからどうしたらいいのかを優しく教えてくれます。

純粋にストーリーが面白いのはもちろん、子供と一緒に見ながら、「これは危ないね、こうしたらいいんだね」と交通安全や人間関係について学んでいけるところが良いです。

また、オープニングの歌もノリノリですごく楽しいです。

machine_kyokugen_sagyou_robot.png


子供と散歩に行ったときに、パトカー郵便車などいろんな車が通る度に、ポリーだね!ポスティだね!と言いながら喜んでいる姿を見るのが楽しいです。

元々車が好きで車に詳しい息子でしたが、ロボカーポリーを見てからキャラクターと結びつけながら更に詳しくなったようです。

また、「ポリー(パトカー)が○○しちゃいけないって言ってたよね、だからやめようか」と言うと、素直に言うことを聞いてくれることが多くて、非常に助かっています。

子供向けアニメは大人にとっては退屈なことが多いですが、ロボカーポリーは本当にキャラ設定からストーリーまでよく作られていて、大人でも楽しめるアニメだと思います。

おかげでストレスがたまる育児中の良い息抜きになりました。 


子供向けアニメでも、結構意地悪なキャラがいたりして、教育にはどうかなぁと思う物もありますが、ロボカーポリーはいいヤツばかり。

特にレスキューチームは皆人格者で素晴らしい。

見ていて気持ちの良いアニメです。

子供と一緒に交通安全と友達を大切にする気持ちを学べる良いアニメだと思います。


この記事へのコメント