海のルアー釣り(アジング)にハマる

こんにちはマビーです。

父の影響で、昔ヘラブナ釣りをしていました。

していましたといっても、物心が付く前からなので、気がついたら始めてました。

父の話だと、2際の時から既に竿を持っていたと、聞いています。

私の記憶だと、小学生に上がる前に、管理釣り場(釣り堀)へ行き、金魚釣りをした覚えがあります。

その日は、父がヘラブナ釣りの池で、釣りをしていて、私は近くの金魚釣りの池で釣りをしていたと、記憶しています。

今でもはっきりと覚えています、初めての釣りが、金魚釣りでしたので、未だに金魚釣りという言葉を聞くたびに、あの日の情景が思い浮かびます。

自発的に釣りに行こうと、意識し始めたのは、小学校の低学年の頃です。

父は単身赴任でしたので、たまに帰ってきたときは、釣りに行くのが楽しみで、仕方なくなりました。

tsuri_tsuribori.png


釣りは父から教わりました。

ヘラブナ釣りの管理池です。

始めた頃は、物心の付かない時でしたので、自分が何をしているのか、解らないうちにしていました。

知らないうちに、自分のしている事が釣りだということや、ヘラブナ釣りという事などが、解るようになりました。

父にここに行きたいと、言い始めたのは、小学校の高学年です。

その頃になると、ヘラブナ釣りから離れ、海釣りを好んで行っていました。

この頃の釣りが、今の私の釣りの原点です。


今好んでやっている釣りの種類は、ルアー釣りです。

それまでは、餌釣りを好んで淡水などで、釣りをしていましたが、ある時に釣具屋さんで、でもルアーフィッシングをやれるということを、知りました。

初めてのでのルアーフィッシングに選んだのは、アジングと呼ばれるものです。

アジングとは名前の通り、ルアーで釣るという、ジャンルになります。

鯵釣りは一般的には、餌を付けて釣る方法や、サビキ釣りという方法が、主流です。

今現在も、防波堤に行くとその様な方法が、一般的です。

fish_aji2.png


アジングの詳しい方法は、一般的なルアーフィッシングに通ずる所がありますが、竿リールは専用機が各種メーカーから、発売されてます。

特徴は竿全体を10とすると、先っぽから2割程度の所が、支点となって、竿が曲がっていくものが多いです。

その竿と小さめなリール、糸の先にはジグヘッドと呼ばれる、針とオモリの一体型を付けます。

その針に、ワームと呼ばれる疑似の餌を付けます。

ジグヘッドの重さは、0.5~2.0グラム程度を使用します。

ワームは、1.5~3.0インチの物を使います。

このように、非常に軽いものを投げるために、専用竿は造られています。

小さなルアーを扱うために、竿は感度を重視して、水中の中の変化や、魚が咥えたときに、直ぐに分かるような、専用の物が好ましいです。

fishing_man.png

ルアーフィッシングを始めてから、私はほとんどの餌釣りを辞めました。

ヘラブナ釣りはどうしても、餌釣り以外は認められていないので、例外もあります。

ルアーフィッシングを始めてから、今現在は1年半が経ちますが、その中で餌釣りをやったのは、数えるくらいです。

初めてルアーアジを釣った時は、全身が震えるほどの、感動を覚えました。

そして釣りは、基本的に釣れたものを、持ち帰って食べれるのも、利点だと思います。

父と海釣りに行ったときは、つれた魚を持ち帰って、様々な調理法で頂いております。

釣りに行った後は、しばらく食卓には、釣れた魚が並ぶので、4日間連続で魚という日は、頻繁にあります。

また、気持ちの変化は、釣具屋さんに行ったときに現れます。

ルアーフィッシングを覚えてから、ルアーコーナーに行くのが、癖になりました。


釣りは、初心者の方には敷居が高いと思われがちですが、そんなことはありません。

気軽に始められるレジャーとして、オススメしたいです。

そして魚が釣れたときの、感動を多くの方に知っていただきたいです。

この記事へのコメント